社員の声・江刺家次長

 

江刺家次長清掃事業を牽引するお掃除オタク、宴会芸なら俺に任せろ。
業務統括本部 江刺家次長に訊いてきました。

窪田 : お疲れ様です。
江刺家: お疲れ様です。

窪田 : 実はこの一年の採用活動の中で、応募者が「社員の声」を見て応募したと言ってくれる人が増えてきたんですよ。
江刺家: こつこつやってますもんね、反響があるのはいいですね。

窪田 : そこで今までホテル部に焦点を当ててきたんですけど、
業務統括本部とか清掃事業部とかもっと色んな角度でニチエーのイメージを伝えようと思いまして、
今回業務統括本部の江刺家次長にインタビューの依頼をしました。
江刺家: 私は中途(採用)だったのでそういう目線になると思いますが。なんでも訊いてください。

窪田 : よろしくおねがいします。では快くインタビューを受けていただいた江刺家次長の仕事内容を簡単に紹介して下さい。
江刺家: はい、なんか面接みたいになってきましたね(笑)

窪田 : すみません(笑)
江刺家: 私は主に清掃事業の担当をしておりまして、新規の営業や管理営業はもちろん、
実際に現場で日常清掃や定期清掃の立会いやスタッフ動線の設計などを得意としています。
またバイオ洗剤という特殊な洗剤の実用営業や販売も私のアピールポイントになっています。ぜひ採用をお願いいたします。

窪田 : 二次面接に案内します(笑)ではこの会社、この仕事をやってきた中で、正直しんどいなって部分を教えて下さい。
江刺家: そ、う、で、す、ねえ。実際は表裏一体な部分が多いので、しんどい部分だけというには焦点があてにくいのですが。

窪田 : と、いいますと。
江刺家: 正直、いろんな会社を流れてきた私はいつも「自分のおもうようにやりたい。
いっそ起業しちゃったほうがいいな。」と思って流れていました。
どうにかこうにか形を作ったりしてきましたが現実的にぶつかってしまう壁なんかもありくすぶっていました。
そんなときに本部長という私の理解者が現れてくすぶってたものが全部解決してしまったんです。
今までならやらせてもらえなかったことや計画も、本部長は「じゃ、やってみなよ」の一言。
え、やっていいんですか?って私も正直びっくりしてしまって、嬉しさと同時に大きなプレッシャーを感じています。
特に今年は調子に乗って仕事を取りすぎてしまいまして、管理で目が回っています。

窪田 : ああ、本部長はいいますよね。「じゃ、やっていいよ。」って。プレッシャーもよくわかります。
江刺家: はい、でも自分で言い出したことなので、当然全部自分でやります。
そして本部長がいいよといったということは会社公認なので本部長に恥をかかせられないというプレッシャーをかかえながら、
勝ちきらなきゃいけないという覚悟を持ち続けるという部分はしんどい部分でもありますし、同時に大きな充実ややりがいになっています。

窪田 : だから表裏一体なんですね。ちなみに本部長をどんな人物だと感じてますか?
江刺家: ビルメンという業界の枠に収まらない動きをしています。
そういうスケールでお仕事をされる方なので私たちも余すことなく力を発揮できます。
本部長の意思が生きていることがニチエーにいる理由に繋がっていますね。

窪田 : 人と仕事をする醍醐味ですね。
江刺家: 人と仕事、チームにも恵まれましたね。
上司部下という関係はありますけど、チームとしての意識が大きいのでみんな遠慮なく意見を出し合えています。
そういったものが仲間という認識に繋がってきていますね。

窪田 : 仲間だなって感じたエピソードありますか?
江刺家: あの、めっちゃくちゃいい仕上がりでできた仕事があったんですよ。
もう、自慢したくなるような奇跡の仕上がり。
でそれを作業終了報告でお客様に確認していただいたところ、信じられないくらい反応が薄くて、、、

窪田 : (笑)、それでどうなりました?
江刺家: 「こんな仕事俺たちにしかできねえのにな」って傷をなめ合いながらとぼとぼ帰りました。

窪田 : しょうもないですね(笑)
江刺家: 私はやっぱりこの仕事が好きなので、お客様が悩んでいる汚れに対して、
特殊な場所や材質、汚れを勉強してきた知識と技術で落として見せて、
お客様が認めてくださったり感心してくださったりした経験がとにかく快感になっています。
だからこそいまでも洗剤だなんだと勉強を続けていますね。

窪田 : ちょっと話が戻りますけど、江刺家次長が思う理想のチームってどんなチームでしょうか?
江刺家: 価格競争から脱却できる武器をもった強いチームにしたいです。
まずは仕事を面白いと感じることができること。
面白ければそれぞれが勝手に勉強しますから、次は勉強したことを活かしたいという欲求が出てくる。
欲求は商品という武器に繋がります。そういう好きなことにのめり込める強いチームを作りたいですね。

窪田 : 逆もありますよね、僕なんかはあんまり清掃に興味なかったですけど資格のために勉強して理解が進むと試したくなって。
試すとより理解が深くなってといって、清掃が好きなのか実験が好きなのかは微妙ですが僕の場合は逆でしたね。
江刺家: はい、はい、それもありですね。結果としてのめりこめればきっと武器になりますから。

窪田 : では、最後にニチエーで挑戦しているスタッフやこれから挑戦してみたいと検討している方にアドバイスをお願いします。
江刺家: ニチエーではどうどうと自分のために仕事をしていると言える会社です。
私は転職してきたのではっきりとわかりましたが、
新卒という立場だともしかするとニチエーという会社の懐の深さや面白さに気づけないかもしれません。
主体性が大きく問われる会社ですので表裏一体ではありますが、
自らチャンスをつくれる希望のある会社です、ぜひ慰め合う仲間になりましょう。

窪田・江刺家:  ありがとうございました(笑)

関連記事

  1. kickoff ■平成最後のキックオフミーティング■平成31年4月23日
  2. 社員の声・窪田
  3. ■新入社員研修■平成31年4月4日
  4. 社員の声・上岡さん
  5. ■ニチエーキックオフパーティ■平成30年4月16日
  6. 社員の声・渡辺課長
  7. ■海外研修旅行■平成31年1月18日
  8. ■家族で保養所を満喫■令和元年8月10日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP